Covid -19に罹患して②(チャプター1)

パタヤから帰った15日夜は今度の部屋でパスタを自作して食べて酒は抜いて休んだ。ぽんこつマンは料理も趣味である。バンコクのセフレにもパスタを振る舞ったこともある。その日は食事の後シャワーを浴びてすぐに休んだ。

タイでは寝る時もエアコンを使っている。いつもならダイキンの空気清浄機で乾燥しすぎないように湿度管理もしているが、その日は空気清浄機の電源を入れ忘れていた。朝目覚めると、何となく喉の奥がイガイガする。念の為体温を測るが36.2°cと平熱。この時はまだコロナ感染を疑うこともなく空気清浄機を入れ忘れたせいだろうと思っていた。

3月17日、ぽんこつマンがパタヤから帰宅して3日目、パタヤの夜嬢と遊んで4日目、朝起きた昨日喉がイガイガするのに加えて鼻水が少し出るようになっている。熱を測っても36.4°cとこの時も平熱。まぁ風邪でも引いた程度にこの時は考えていた。

3月18日、痰がよく絡むようになり軽い咳も出始めた。体温は変わらず36.3°c平熱だった。しかし身体は少しずつだるさが増しているようだった。日本から持って来ていた市販薬の風薬を飲んで過ごす。

3月19日、痰が絡む量がさらに増していると感じた。体温を測ると36.7~36.8°c、昨日より多少高くなっているがやはり平熱の範囲だ。しかしながら長時間の濃厚接触を重ねたパタヤから戻って4〜5日経過しているので、念の為ATKでチェックすると何と陽性の2本線が現れた。急いで妻の連れ子がバンコクで働いているので連絡を入れたら、薬局でコロナ用として市販している漢方薬と解熱剤、そしてガパオライスを差し入れてくれた。

3月20日、症状は前日とあまり変わらないが妻の連れ子から連絡があり、病院への連絡がついたとのこと。ラマ9世病院からも日本語話者から連絡が入り、まずはPCR検査を受けてCovid-19罹患の事実確認を進められたので、病院に向かった。PCR検査は病院の外でおこなっていてその受付で検査受診を申し込み検査を受ける。

結果はやはり陽性で入院のために30万bahtのデポジットを入れるよう求められる。幸い限度額がそこそこあるクレジットカードがあってデポジットを入れることができたが、ぽんこつマンがタイ入国前に加入したAXA Thailandのインバウンド保険はあくまでタイの保険なので100%医療費がかばできない可能性があるためデポジットが必要とのことだった。デポジットが収められない人はどんなに重い症状でも入院できないらしく、やはり日本の保険会社の海外旅行保険でないといけないことが判明した。

少し待たされたが入院手続きはスムーズに進み、ホイールチェアに乗せられコロナ感染者のみ利用の通路とエレベーターでコロナ隔離病棟に入り入院が完了した。入院が完了してから現在服用している薬は何があるかを看護師が確認しにくる。ぽんこつマンは以前に脳虚血性発作を起こしており、血栓をできにくくする薬や、高血圧を抑制する薬、それから尿酸値を下げる薬、血中内中性脂肪を抑える薬などを服用していたので、素直に申告した。これが後にAXA Thailandのインバウンド保険との保険料支払いで揉める原因となった。

入院初日は入院前に外で肺のレントゲン撮影があり、入院後血液検査のための採血後にすぐに9錠をはじめ複数の薬を飲まされたが、ぽんこつマンの肺の状態は特に問題なさそうで特別なケアは一切なしだった。部屋は広いが一人部屋でただただ殺風景。毎日3回の体温、血圧、血中酸素濃度の測定値を報告するだけであとは病院のうまくもない飯と水を飲むこと、1日1回200歩の歩行を部屋で行う事以外はただベッドで横になっているだけだ。テレビも薄型で壁に張り付いたものだが、スマートテレビではなくNetflixやYouTubeを見ることができない旧式のテレビ、スマホをいじるしか時間を潰す手段が無い。

翌朝も9錠の薬のほか多くの同じ薬が出た。3食後に飲む薬、朝晩飲む薬、就寝前に飲む薬。入院2日目で鼻水は止まり、咳も出なくなった。体温はいつも36.2〜36.5°cと平熱で安定していた。入院2日目の夜から9錠飲む薬が4錠に減り、3日目、4日目と過ぎていった。

5日目の朝になって医師から症状も安定しているので退院して自宅隔離で5日間の経過観察でもいいと言われ、当初は保険で全額負担があるものだと思っていたので10日間全て入院でもいいかとも考えていたがあまりにも殺風景な部屋で飯もうまくは無いので、その医師からの話を受けてすぐに退院すると伝えた。

会計が始まって、病院が保険会社であるAXA ThailandとやりとりしていてAXA Thailand は保険では払えない費用があると主張しているらしくかなり揉めていてなかなか退院手続きが進まなかった。夜の9時になってようやく5日間の費用約86000bahtのうちどうしても自己負担しなければいけない額が2400bahtくらいになったところで折れて午後10時過ぎにようやく退院ができることになった。

帰りは、普通のタクシーやGrab carは使用できないらしく、コロナ陽性者でも利用可能なCABBというアプリで配車を頼まないといけないらしかった。そこで早速アプリをダウンロードしログインしてみた。これまでたまに見かけたロンドンタクシータイプの車両の配車サービスらしい。料金が不明だったがやむを得ない。手配をかけてその車は25分ほどして病院に到着したと連絡があった。ナースステーションに電話して手配した配車サービスの車が来たことを伝え、看護師に付き添われて、これまたコロナ感染者だけが通れる通路、エレベーターで病院外のその手配した車が待っている所に案内される。そして乗り込むとその車はあらかじめ指定していた行き先であるぽんこつマンの部屋があるコンドに向かって走り出す。

コンドについて到着してあらかじめ登録したはずのクレジットカード払いを申し出たが、なぜかうまく繋がっていなかったらしく、結局QRコードでのタイの銀行口座からの即時引き落としで料金を払った。料金は思うほど高額ではなく160バーツくらいだったと思う。Grab carとほぼ変わらない印象だった。ただバンコクでの台数がまだそれほど多くは無いので、どうしてもこの配車サービスを使いたいときは事前予約しておいた方が良いだろう。

今度のぽんこつマンの部屋に行くにもいつも使っている通路やエレベーターを使ってはいけないらしく、荷物搬入出専用のエレベータを使ってぽんこつマンの部屋のあるフロアに上がり、そこから自分の部屋に向かうことになっているようだった。

こうしてコロナ感染が確定した3月20日から5日目の3月24日の夜から自室での自主隔離が始まった。病院からはコロナ感染確定から10日目に当たる3月29日まで毎日電話での体調確認の電話がかかってくる。食事のデリバリーやネットでの食料品の部屋までの運搬はコンドの管理人が部屋の前に置いていくようになっていて、食材を注文して自分で作ることもできるので病院よりはるかにマシな暮らしができる。ただし女の子を部屋に呼んだりも10日が開けた3月30日まではダメなので、男としての性欲処理は自慰行為で済ませるしかない。

今回の感染は、オミクロン株の可能性が高く、だとすると症状が現れた17日朝から逆算して72時間前はエカマイバスターミナルにいてパタヤに向かうところだった。その前日の夜は誰かを部屋に呼んだわけでも、Bar bearやGoGo barで濃厚接触したわけでも無い。ただ単に自室でYouTubeを見たり、Chrome castでエロ動画を見たりして深夜遅くまで酒を飲んであまり寝ていなかっただけである。ということから考えて感染した場所はパタヤ行きのバスの車内かパタヤで夜嬢と濃厚接触したBar beerかGOGO barという可能性が高いことになる。

ぽんこつマンは4月6日に日本への一時帰国のチケットを持っていてタイ出国前のPCR検査で陰性を得なければならないが病院からの説明では一度感染するとコロナから回復しても死滅したコロナウィルスの残骸が身体に長く留まりPCR検査では陰性になるまで平均1ヶ月かかるということを聞かされていた。さらに4月4日にラマ9世病院でコロナ感染回復後の血液検査、肺レントゲン検査、そしてPCR検査を受ける手筈になっていた。だから今またバンコクのBar beerやGoGo Barなどで濃厚接触して運悪く新たに感染するわけにもいかず4月4日の検査が終わるまでは食料品の買い出し以外には大人しく自室で過ごすことにした。

そして4月4日病院での検査は、血液検査でももちろんレントゲン検査でもコロナから回復していると医師が証明したがやはりPCR検査は陽性のままで4月6日予定のタイ出国は変更せざるを得なくなった。医師にいつになったらPCR検査で陰性が確認できるかと聞いたところ、回復から1ヶ月を目処にもう一度検査するのはどうかと言われた。その日の検査費用は9000baht越え、なんとも言えない。高すぎる。そのことを察してか医師はすでに回復していることが確認できたので渡航用のコロナ陰性確認検査は好きな医療機関を探して検査した方がいいともアドバイスしてもらった。

その理由はラマ9世病院のPCR検査代は4200バーツでサミティベート病院の4000バーツより高い。それにそれ以下の料金で検査と証明書発行をしてくれる医療機関が増えているということだった。ぽんこつマンのコロナ感染を診てくれた医師は女性で極めて親切に対応してくれた(看護師は別)。本当に彼女には感謝しかない。

ぽんこつマンは、新たな出国予定をたて飛行機の予約をとりさらに新たに出国72時間以内のコロナ陰性証明を手に入れなければならなくなった。まずは厚労省指定の陰性証明書を発行可能で料金的に安く収まるところを見つけようとWEBで検索をしているうちに、PCR検査ではなく定量抗原検査での陰性証明でも日本入国可能ということが判明した。そしてその定量抗原検査をやってくれるクリニックに電話で確認したところ、唾液採取で楽、コロナ感染から回復した人が死滅したウィルスでPCR偽陽性となる場合でも定量抗原検査の方は陰性となる確率が高いとの説明を聞けた、さらに検査料金は2500bahtと割安。そのクリニックの側にPCR検査で1500bahtというクリニックもあるが、今回は定量抗原検査一択で行こうと決めた。

出国予定日を4月26日として出国前検査を4月24日に、さらに念には念を入れて4月20日にも予備検査を入れることにした。そのクリニックはDYMインターナショナルクリニック(https://dymclinic.com/th/)というところで日本語で対応してくれるらしい。出国前検査が終わるまではおとなしくしていようと心に誓う。なんだかそれまで重い気持ちだったが光明が見えた気がして気持ちも軽くなった。

ぽんこつマンCovid-19に罹患して①(プロローグ

2022年2月15日にぽんこつマンはチェンマイからバンコクに戻って、コンドで独り気楽な暮らしに戻っていた。当時はチェンマイでもバンコクでもコロナの新規感染者が多数出ていたが、バンコクのスクンビットソイ7のバービアは無許可ながらレストランという体で営業していると聞いたのでオスとしての本能が求めるままバンコクに向かう事にしたのだった。

チェンマイでは家族と一緒に住んでいるため、なかなか独りでバービアに出かけるということもできないがバンコクで独りコンド生活なら、Tinderで知り合った娘とデートしたり、バービアの夜嬢の乳を揉みながらすけべな話を肴に飲むことも出来る。月曜から水曜のバービアはコロナのせいで以前と比べ物にならないくらい客が少なく夜嬢の収入はかなり厳しいようだった。

バービアで見つけた夜嬢で気になる娘とはLINE交換する。バービアからペイバーで連れ出すと最低でも3500〜5000bahtの出費を覚悟しなければならないが、後日LINEで連絡を取って夜嬢を出勤前に自分の部屋に呼んでペイバー代無しで交渉1500〜2000bahtくらいで2〜3時間は彼女を独り占めして遊ぶことが出来た。

バンコクに戻ってからの2週間は、あっという間に過ぎて行き、最初はCovid-19に罹る事に少しは覚悟しながらでもTinder娘やスクンビットソイ7のバービア夜嬢とのデートやその後の体液交換があっても運よく発熱、喉の痛み、鼻水、咳などの症状は無かった。念のためにAKT(抗原検査キット)を買い置きしていてたまにチェックしても陰性だった。

2月に入ってナナプラザのレインボー5やソイカウボーイのバカラといったゴーゴーバーもレストランという体で店内でゴーゴー嬢を隣に座らせておっぱいやお尻を揉んだりしながらお酒を飲んだり出来るようになり、ぽんこつマンはその2つのゴーゴーバーとスクンビットソイ7のバービアへ頻繁に出かけた。

バービアの夜嬢は収入が思うように入らないので直ぐに店を代わっている娘もいて、ぽんこつマンの飽きっぽい性格もあり、バンコクだけではもの足らない想いに駆られ3月14日、15日はパタヤに出かけた。

ぽんこつマンがパタヤに独りで出かけるのは、それほど多くは無いが昔の夜のパタヤはウォーキングストリートのゴーゴーバーとビーチロードサイドのバービアがメインだった。今回の3月はウォーキングストリートのゴーゴーバーはまだ空いていないようで、ソイ6のバービアとLKメトロのゴーゴーバー、ツリータウンのバービアを梯子して回った。

パタヤへの交通手段はエカマイのバスターミナルからパタヤ北ターミナルへのバスで140baht、北ターミナルからパタヤソイ10にある今回のシー ミー スプリング ツリー ホテル (http://www.seamespringhotel.comまでバイタクで100baht、12時にはホテルに着いたが直ぐに部屋にチェックイン出来たので、ビーチロードに出てレンタルバイクを借りて、久しぶりのパタヤビーチロードとセカンドロードを数回周回して、パタヤの空気をたっぷり浴びた。昼飯はビーチロードのバーレストランはガパオライスやパッタイなどの庶民的なものも200baht越えだったので、セントラルパタヤにあると事前に調べた餃子の店に行こうとしたがすでに撤退していて無駄足を喰らった。それでも餃子がどうしても食べたかったので、一風堂に入った。

ソイ6のバービアは早いところは2時ごろから開いているらしかったが、バイクで2時ごろ一通り通ってみたが女のコが揃っていないようなので一旦ホテルに戻って前日のバンコクでの夜遊び疲れを回復するためにシャワーを浴びてベッドで休んだ。

3月のパタヤは夕方5時になってもまだまだ陽が高く、昼飲み感覚だ。酒を飲むのでセカンドロードのソイ10でソンテウを拾ってソイ6のパクソイまで10bahtで来れる。端から端まで2往復してようやくそこそこ好みの嬢が目に留まったのでそのバービアに入った。

一番奥のソファーに座り、好みのビアチャンを頼む。女のコにもドリンクを選ばせた。彼女はタイスピリッツのセンソンをほんの少しにコーラたっぷりのコークハイ。まだ時間が早いので酔いたくないと彼女は言っていた。彼女は22歳でロイエットから5日前に来たばかりだと言っていたのでコロナのリスクは低いと思った。ぽんこつマンはまさか22歳はサバを読んでいるだろうと思ったオッパイはシリコン乳ではなく見える限り身体にタトゥーも少なめで肌のハリもしっかりある嬢だった。

ビアチャン2本目をほぼ飲み終える頃からファラン(なんとなくロシア人ぽい)が何組も入ってきて一気に賑やかになったと思ったら、そのファランがベルを鳴らし、店が一気に熱気に包まれた。彼女も歓声をあげテキーラが届くのを待つ。テキーラが店のスタッフ全員に行き渡って女のコひとりひとりがそのベルを鳴らしたファランに「コップンカー」「チョンケアウ」と一言言って一気にテキーラを煽った。その後もう一人のファランがまたベルを鳴らす。2杯目のテキーラがぽんこつマンに付いている嬢にもやってくる。彼女はそのテキーラをグイッと煽って徐々にハイテンションになっていく。

ぽんこつマンが3本目のビアチャンを頼む時、彼女に「テキーラがいい?」と聞いたら「カー」と快く応えたので、彼女のグラスが空くのをみてテキーラを何度となくご馳走した。最初はぽんこつマンのお触りに少々ぎこちなくしていたが、テキーラが入ってからは、パンティーの中に手を入れて後ろから秘部に指を伸ばし弄ぶとディープキスを求めたりしてくる。ファランが選んだ嬢と2階にあるであろう小部屋に上がっていくのがまじかに見える。

ぽんこつマンは昨晩かなり深く遊んでいるので、その日はその気にならず飲みに徹していた。しかし彼女はぽんこつマンが午後9時を回って店を出るまでずっとそばにいてぽんこつマンの女体弄りに付き合ってくれた。店を出る時に彼女が仕事終わってホテルに来れるようなら連絡するとLINE交換した。

バイタクでソイ6からまLKメトロに向かう。一通り歩いたが夜9時を過ぎているのに女の子も客も閑散としているのでツリータウンのバービアに向かってまずはプールゲームを遊んでバーのカウンターで飲んだ。ツリータウンのバービアは女のコというには少し年が行っている30オーバーの女性が多い。店に流れているサウンドの音量が大き過ぎて大声あげないと会話ができない。夜10時を回ったのでもう一度LKメトロに向かった。

ソイブッカオからソイブーメランに入って多分パラダイスアゴーゴーの前に出ていたGOGO嬢の白い肌と甘い顔に惹かれて店に入った。ぽんこつマンはまたビアチャンを頼んだ。既に10本以上は飲んでいる。ぽんこつマンの横に張り付いてしばらく飲んでいるとお持ち帰りをねだる。今日はその気にならないと言うと「踊ってくる」と言って席を立つ。ステージに上がった彼女のボディスタイルはかなりエロい。タトゥーが全く刻まれていない白い肌。顔も好みだが何故か肌を合わせる気にその日はなれ無かった。ぽんこつマンは何となく彼女の性格が合わないと感じていたに違いない。

彼女が席に戻ってきて飲み物をもう一杯ご馳走してオッパイを揉んでみたがシリコン乳だったこともあって、酔って弾けてるぽんこつマンの心を緩ませることはなかった。そのGOGO Barを出た時は既に0時を回っていたが、その界隈の店は閉まる気配がなかった。

ぽんこつマンはソイブッカオに出て、それからソイチャレンプラキアット 25に入って見た。小さなバービアが多く、若くて可愛い娘は見当たらない。ツリータウンよりさらに年齢が上がっているか、スタイルや顔に課題がある嬢が多いと感じる。ただ愛想は良さそうだった。

店が無くなるまで奥に入り、戻る途中で呼び込みされる店の一つに飛び込みプールゲームを2ゲームビアちゃんを3本飲んだ。当時のルールではレストランとしての営業しか許可されておらず11時閉店0時退店だったはずだったが、深夜2時近くになって店のスタッフから「そろそろ警察が回ってくるから」と閉店を知らされるという状況だった。

ホテルまでは1kmちょいあるが歩いて変えることにした。帰り道の途中でもまだ営業している店が何件もあった。ホテルにの部屋に戻ったのは2時半過ぎだった。毎日のように深酒しているせいかその日はかなりだるさを感じていた。

翌日はいつも通り早く目が覚めるがやはり何となく気だるさが残ったままだった。この時は確かに日々の深酒と熟睡不足、そして久々の5000歩を超える歩行が原因だと考えていた。普段から朝飯はほぼ取らない。部屋でコーヒーを飲んでホテルの部屋のベランダから見える朝のパタヤの海を見て午前11時くらいまでゆっくり過ごした。チェックアウト時間は本来12時正午だったがフロントに14時までのレートチェックアウトを交渉できた。本来コロナがなければこの3月はまさにハイシーズンで1ヶ月前でさえほとんどの部屋は売り切れている状態だったが、今回は部屋にはまだまだ空きもあるようでかなり融通が効いたことは超ラッキーだった。

11時に部屋を出てブランチを取りに行く。レンタルバイクでパタヤの風をきって走る。昼間は実に暑いのがパタヤの3月。信号で停まると一気に太陽がジリジリ肌を刺してくるのを感じる。2時に近づいて来たのでレンタルバイクに給油して返却OK。ホテルでチェックアウトして昨日会ったソイ6のバービア嬢にLINEしたら、昨夜はかなり飲み過ぎて今は身体がだるいとのことだったのでデートは諦めて、バンコクに戻ることにした。

バイタクをホテル前で広い北パタヤバスターミナルへ。レンタルバイク屋の親父はバイタクもやっていて料金80baht。北パタヤバスターミナルについて帰りのチケットを140バーツで買う。出発まで1時間近くあったのでターミナルにあるコーヒー屋で久しぶりのアイスカフェラテを注文。ぽんこつマンは暑い日でもカフェ・アメリケーノ・ローン(HOT)を注文することが多いのだが、この日は流石に身体が冷たい飲み物を欲していたようだった。

帰りのバスもエカマイバスターミナル行き、デイパックひとつだったので到着した午後4時からスクンビットソイ7のバービアに行こうかと一瞬思ったが、流石に身体の重さを感じて自分の部屋に戻ることにした。